天然歯の機能が蘇る!?インプラント治療の魅力とは

歯を抜いてしまうと何が起こる?

虫歯治療は出来る限り歯を抜かずに行ってくれる歯医者さんが多くありますが、どうしても抜かなければならないケースもありますよね。歯を抜いた後は差し歯やブリッジなどを使って噛み合わせを作ってくれますが、顎の骨と言うのは少しずつ身体の中に吸収されてしまい、骨が痩せて行ってしまいます。歯を抜くと言う事は顎の骨の役割がなくなると言う意味でもあり、ブリッジなどで噛み合わせを作り出していても、見えない部分での劣化が進んでしまうのです。

インプラントの構造体って?

インプラント治療を受けると顎の骨が吸収されずに済むと言います。これはインプラントの構造体がチタン製の金属で出来ているためなのです。チタンと言う金属物質は骨との親和性が高い素材、顎の骨に構造体を埋め込むと、半年前後で骨と構造体はしっかりと結合し、人工的な歯根になります。更に、人工的な歯根は食べ物をかみ砕いた力を骨に伝える能力が戻るので、天然歯と同じように硬い物をかみ砕けるため、食事を楽しめるようになるのです。

インプラントはメンテナンスが必要ですよ

インプラント治療を受ければ、骨の衰退を防げる、硬い物を噛み砕く力を骨に伝えられるので何でも食べられる、食事を楽しめると言うメリットがあり注目が集まっていますよね。しかし、インプラントは定期的な検診、必要に応じてのメンテナンスが必要不可欠です。これは入れ歯やブリッジ、天然歯などと同じように、治療後の検診を受けて歯の健康を守らなければならないのです。定期的に検診を受ければインプラントを長く使えるようになるので1年に1度の割合で検診を受けておきましょう。

三鷹のインプラントの治療法にこだわるために、様々な対応が行われている歯科クリニックにお世話になることが肝心です。