妊婦さん必見!妊娠線ができるメカニズムと覚えておきたい対策法

よく聞く妊娠線ってどんなもの?

妊婦さんの多くが抱える妊娠線の悩み。そもそも妊娠線とは、大きくなる腹部に対して皮膚の下にある真皮や皮下組織の一部が伸びきれず裂けることによってできる断裂跡のことです。妊娠線ができ始める時期は妊婦さんによってそれぞれですが、一般的には急激にお腹が大きくなってくる妊娠5ヶ月~7ヶ月頃にかけて現れ始める方が多いようです。妊娠残念ながら一度できてしまった線を完全に消すことは難しく、子どもを産んでからも跡残りに悩む方が多いのです。

妊娠線を残さないためには早期的な対策が大切!

一度できてしまうとなかなか消すのが難しい妊娠線だからこそ、でき始める前の予防が非常に重要です。一般的な対策としては、クリームやオイルなどのスキンケア用品で腹部のマッサージを行うことが挙げられます。マッサージをしながら十分な保湿を行うことにより、皮膚の水分量が増加し柔軟性を保つことができるのです。普段使用しているボディクリームなどでも問題はありませんが、妊娠中は香りなどの成分に敏感になる方も多いため、その際は専用に発売されているケア用品を選ぶと良いでしょう。

正しいケアで早めの対策を!

いかがでしたか?よく聞く妊娠線というキーワードも、実は仕組みをよく知らなかったという方も多いのではないでしょうか。妊娠線は、とにかく早め早めの対策が綺麗な状態を保つカギとなります。また、今回ご紹介した方法のほかにも妊娠線対策は多くあり、自分の体調や体質に合った適切な方法を、できるだけ早い時期から実践するのが大切です。子どもが産まれたあと、妊娠線で後悔することがないよう様々な対策法を覚えておくようにしましょう。

妊娠線はついたらなかなか消えません。妊娠がわかってお腹が大きくなり始めたら、予防のためにすぐに妊娠線のクリームを塗るようにしましょう。