意外と多い?レーザー脱毛のメリット・デメリットについて

そもそもレーザー脱毛の仕組みは?

レーザー脱毛の仕組みはとても単純です。レーザーで毛根にダメージを与えて、ムダ毛の再生力を低下させるだけです。その方法では皮膚にもダメージがあるのでは?と思いますよね。ただ、レーザーには波長の長さによって特定の色や物質にだけ反応するという性質があるんです。この性質を利用して、メラニン色素という黒い色素にだけ反応するレーザーを使用しているので皮膚へのダメージは無いんです。同じ仕組みでホクロやシミ、そばかすのレーザー治療も行われているんですよ。

レーザー脱毛のメリット

レーザー脱毛は医療機関でしか行うことができません。やはり医療機関で施術が行われるというのは安心感がありますよね。万が一、レーザーにより肌トラブルが発生した時も迅速に対応してくれますよ。レーザー脱毛はエステの光・フラッシュ脱毛より出力が高いので、一回当たりの脱毛効果も高いです。個人差もありますが、脱毛が完了するまでの期間はエステより短い傾向です。早めに脱毛効果を実感したい人にはオススメです。また施術時間が短いのも大きなメリットですね。

レーザー脱毛のデメリットは?

レーザー脱毛は黒いメラニン色素に反応する仕組みなので、色素の薄いムダ毛や産毛の処理は難しいです。ただ、レーザー脱毛に使う機械の種類によっては色素の薄いムダ毛や産毛の脱毛が可能な場合もありますよ。レーザーのメラニン色素に対する反応は日焼けした肌にも同じように反応するので、日焼けの度合いによっては施術を受けられないのが難点ですね。医療機関で行われる施術ですが保険適用外なので、エステの光・フラッシュ脱毛より費用がかかるのも難点です。

乾燥肌、敏感肌、地が黒い肌や日焼けした肌、剛毛でも医療レーザー脱毛で施術することが可能になっています。