レーザー脱毛で永久脱毛を目指すなら秋に始める

紫外線は大きな問題に

レーザー脱毛に紫外線は大敵です。レーザー脱毛では、黒に反応する光を使って熱を発生させるため、肌はより白い方がいいのです。黒っぽい色素が肌にあると、それに反応して肌にも熱が発生してしまいます。そうなると軽いやけど状態となり、赤くなったりします。それはかなり肌が傷んだ状態であり、そこにまた紫外線を当てたりしたら、しみになることもあります。紫外線は浴びなければ浴びない程いいわけで、ビタミンDは食べ物かサプリメントから摂取します。

レーザー脱毛を始めるなら秋

レーザー脱毛を考えるのは、たいてい夏を前にした時期でしょう。肌を露出する季節を前に、レーザー脱毛を考える。まあ当然のことですが、始めるのは秋が理想なんですよ。紫外線が弱まってきて、肌も白くなっているからです。日焼けの跡が残りやすい人は冬でもいいでしょう。レーザー脱毛の効果が最も得られるのは、色白で体毛が濃い場合です。レーザー照射を受けた肌にも紫外線は大敵ですから、春先から始めるのは好ましくないのです。

始めたら1年間は紫外線に要注意

レーザー脱毛で永久脱毛を達成するには、1年以上かかります。その間は2ヶ月おきくらいにレーザー照射を受けます。秋か冬に始めても、その後1年間は、日焼け厳禁です。本来は肌にレーザーを当てたくはないけれども、永久脱毛のために仕方なく当てているわけです。なるべく肌へのダメージを少なくするには色白でいることです。もともとは白人向けに開発された方法で、白人並みに白い肌を保っておくのが理想とされます。1,2年の辛抱です。

レーザー脱毛は光が当たると痛みがあるといわれていますが、それは肌が乾燥しているからであり、しっかり保湿をすれば痛みはなくなります。